Lunch Menu:平日ランチメニュー

5,600円メニュー
アミューズ、前菜1、前菜2、魚料理、メインディッシュ、
デザート、コーヒー、紅茶、又はハーブティ、プティフル

8,000円メニュー
アミューズ、前菜1、前菜2、魚料理、メインディッシュ、
デザート、コーヒー、紅茶、又はハーブティ、プティフル

10,000円メニュー
アミューズ、前菜1、前菜2、魚料理、メインディッシュ、
デザート、コーヒー、紅茶、又はハーブティ、プティフル

※この3つのメニューの違いは品数は同じで、食材のグレードの違いによるものです。

※*ランチタイム:現金でお支払いの方には5%のサービス料は還元させていただきます。
※料金は税別価格です。


Lunch Menu:土、日、祝日ランチメニュー

5,900円メニュー
アミューズ、前菜1、前菜2、魚料理、メインディッシュ、デザート、
コーヒー、紅茶、又はハーブティ、プティフル

8,300円メニュー
アミューズ、前菜1、前菜2、魚料理、メインディッシュ、デザート、
コーヒー、紅茶、又はハーブティ、プティフル

10,000円メニュー
アミューズ、前菜1、前菜2、魚料理、メインディッシュ、デザート、
コーヒー、紅茶、又はハーブティ、プティフル

※*ランチタイム:現金でお支払いの方には5%のサービス料は還元させていただきます。
※料金は税別価格です。


Dinner Menu:ディナーメニュー

MENU SAISON メニュー セゾン 10,600円 
~トータルバランスを追求したメニュー~

アミューズ、前菜1、前菜2、魚料理、メインディッシュ、デザート、
コーヒー、紅茶、又はハーブティ、プティフル

MENU CHEF'S SPECIALITE メニュー シェフズ スペシャリテ 14,600円
アミューズ、前菜1、前菜2、魚料理、メインディッシュ、デザート、
コーヒー、紅茶、又はハーブティ、プティフル

WINE ワイン
グラスワイン 980円~
ボトルワイン 6,800円~

※その他食後酒、ノン アルコールドリンク等もご用意しております。
※ディナータイムはサービス料を10%頂いております。
※料金は税別価格です。










MENU
SAISON


一口のお楽しみ
*****
ズワイガニのミソ和え 根セロリのピュレ
冷たいビスクドオマールコンソメジュレ
*****
フルムダンベールと泡
オマール海老とジャガイモ
*****
茨城県産ホロホロ鳥の低温ロースト
花山椒とアマランサス
*****
百合根のフランとフォアグラソテー
トリュフソース
*****
桜鱒のスモークとモンサンミッシェルムール貝のナージュ
セロリのエッセンス
*****
鴨のロティ ポルトソース
又は
ウズラのロティキャベツとベーコンのラグー
ジュドフォアグラ
*****
バナナとラム酒のグラッセ
ハーブのグラスバニラとイチゴのサラダ
*****
コーヒー 紅茶 ハーブティ
*****
小菓子

¥10,600(税抜)



MENU
SPECIALITE DU CHEF



一口のお楽しみ
*****
ズワイガニのミソ和え 根セロリのピュレ
冷たいビスクドオマールコンソメジュレ
*****
フルムダンベールと泡
オマール海老とジャガイモ
*****
茨城県産ホロホロ鳥の低温ロースト
花山椒とアマランサス
*****
百合根のフランとフォアグラソテー
トリュフソース
*****
オマール海老とモンサンミッシェルムール貝のナージュ
セロリのエッセンス
*****
和牛サーロインの岩塩包み焼き ポワヴラードソース
又は
マダムビュルゴー鴨のロティ 赤ワインボルドレーズソース
*****
バナナとラム酒のグラッセ
ハーブのグラスバニラとイチゴのサラダ
*****
コーヒー 紅茶 ハーブティ
*****
小菓子

¥14,600(税抜)

(お二人様からお願い致します)




MENU CAVIAR



一口のお楽しみ
*****
ズワイガニのミソ和え 根セロリのピュレ
冷たいビスクドオマールコンソメジュレ
*****
キャヴィア30ḡ
サワークリームとソバ粉のブリニ添え
*****
オマール海老とモンサンミッシェルムール貝のナージュ
セロリのエッセンス
*****
鴨のロティとフレッシュフォアグラのソテー
ペリグーソース
*****
バナナとラム酒のグラッセ
ハーブのグラスバニラとイチゴのサラダ
*****
コーヒー 紅茶 ハーブティ
*****
小菓子

¥16,600(税抜)

(お二人様からお願い致します)
≪※上記金額には税金が含まれておりません。ディナータイムはサーヴィス料(10%)を頂戴しております≫




photo

photo

photo

photo

photo








PHOTO BY MIKI MANA(ミセス6月号)